長崎行ってきました。

 昨日今日と、仕事休みです。こんな風に連休を取ることは、契約が切れる5月末までもうないんだろーな~、なんて考えると少し憂鬱。

 さてさて、昨日は日帰りで長崎行ってきました。母方の祖父のお見舞いです。
3年くらい前に脳梗塞で倒れて以来、その時の後遺症で言葉や左半身の具合を悪くして今はグループホームというところでお世話になっているんです。
 おじいとは倒れたとき以来の再会です。あの時は寝たきりで記憶も言葉も失って見る影もなかったおじいですが、今ではずいぶん回復して車椅子に乗るまでになっておりました!ちょっと前までは、言葉もしゃべれるようになってはいたんだそーですが、今回は残念ながら何を言ってるのかサッパリ聞き取れず(>_<)でも、こっちから話しかけることはすべて理解してるらしく、おかんが昔話をしたりすると笑ったり、お土産に持っていったマルボーロを歯のない口でモゴモゴと食べたりして元気そうでした。
 倒れた当時、もう助からないんじゃないかと思ったりもしましたが、人間の回復力ってすごいんですね!!しかしそれにはやっぱり、まわりの家族の支えがあったからなのでしょう。といっても私はマッタク何もしておりません(´Д⊂おじぃ、ごめんミソ。。。同じ長崎に住むおかんの弟たちやその家族たちがしょっちゅう見舞いに来ては、あれやこれやと世話をやき、世間話をして体調が悪くなるとみんなで代わる代わる徹夜で看病したりして。。。愛、ですな(*´д`*)グループホームのヘルパーさんも、タカハシさんとこはしょっちゅういろんな人がお見舞いに来てくれて幸せね、と言ってくださってました。ホームの中には、なかなか家族から面会に来てもらえずにさびしい思いをしている人もいるそうです。。。ヘルパーさんたちが世話をしてくれるとはいえ、やっぱり自分の大切な人たちに会えないのはつらいものだと思います。寂しさって一番のカラダの毒ですよね。私もおじいにさびしい思いをさせないよう、なるべくお見舞いに行ってあげようと思いました。
 おじいも80を超えて、最近また脳梗塞の症状が出てきたりと心配が尽きません。あとどれくらい生きれるのか、あと何回会えるのか分かりません。おばあの時は、学校やバイトにかまけてこんなこと、深く考えることもしなかったけど昨日おじいに会って、ちゃんと恩返ししないとなーって思いました。今までかわいがってもらったこと、ありがとうっておばあには逝った後になってしか言えなかったけど、おじいにはちゃんと生きてるうちに表していこうと思いました。こーゆうことって実際照れくさくてとてもじゃないけど口に出していえることじゃないっす。だけど、言葉で表現しなくても、会いに行くってコトで伝わるんじゃないかなーって思います。それぐらいのことしか、私にはできません。できることを、やればいいと思います。
 次はいつ会いにいけるか分かりませんが、なるべく近いうちに行ければと思いました。 
[PR]
by pinoccory | 2005-02-27 13:40 | 今日の出来事

福岡人の過疎ブログ。5年ぶり~!


by pinoccory