こすずめの冒険

 ラルクのライブが終わったあと、ソッコーで高速バスで帰ってきたのですが、ここでも思わぬハプニングに遭遇してしまいました。

時刻は午前6時少し前。
バス停にはすでに数人の待ち人が。

ここで、私の小動物センサーが作動!

先に並んでいる女性客の足元に、こすずめが!!
あれー、逃げないね。人になれてるね、かわいーーー♪♪
とかなんとか言ってるうちに、そのこすずめ、
一緒にいた友達に向かって一直線にやって来るではありませんか。

ちょん、ちょん、ちょん、とやってきたこすずめは、しゃがんで迎え入れた友達の足元へ。
どうやら、雨宿りをしているようでした。

わー、すごいねぇ、人に飼われていたのか??びしょ濡れやねー。
でも、こんなに人に馴れてしまっていて、この先やってけるんだろうか??
猫とかに取られるんじゃないだろうか??

ここで、私の悪い癖が出てしまいました、、、


つかまえたい♡・・・じゃなくて、保護せねば!



そっと手を伸ばしてみました。

逃げる様子はありません。イケるかも!?
ゆっくりと手を伸ばして、徐々に間を詰めていきます。
あと少し、あと少し・・、、、、捕まえたっ!!

やったーーーーー!!ワッショイヽ(゚∀゚)ノワッショイ

と、思ったのもつかの間。
捕まえてどうするよ??(;・∀・)鳥かごもないのに、、、

すると、こすずめは一瞬の隙を突いて、脱走。

ちゅちゅちゅちゅちゅ!!!

アッーーー、逃げた~!
こすずめが飛んで逃げた先。そこには、、、、

タイミングよくやってきた天神行きの高速バス!!
しかも、ほんとタイミングのいいことに乗車口が空いて、、、、
で、こすずめはなぜか、他のお客さんたちにまぎれてバスに乗り込んでしまいました。

客:わっ、すずめ!すずめが入ってきたよ!!

えっΣ(・∀・;)これって、私の所為????

友達大爆笑≧∇≦
彼女はJRで帰るので、ここでお別れ。
私は、、、乗りましたとも。こすずめを追ってバスの中へ。
時折聞こえる「ちゅん!」のひと鳴きに内心汗をかきつつも(でも、どこにいるかはわからない)、前日からの疲れと冷えた体をやさしくつつむ暖かい車内と狭いシートにいざなわれ、小一時間ほどまどろんでいると・・

ちゅん!ちゅんちゅん!!ちゅんちゅん!!

Σ(´∀`;)

ちゅん!ちゅん!ちゅん!ちゅん!ちゅん!

Σ(´∀`;).。oO(すずめよ!さえずるでない!!おとなしくしておらぬか!!)

こすずめも車内の暖かさで元気を取り戻したのか、異様にさえずりはじめたではありませんか!!なんか知らんが、私がモーレツに恥ずかしいではないか!しかし、すずめはさらに活動的になるばかり。

バサバサバサッ
客:わっ!すずめ!?

Σ(´∀`;).。oO(すずめよ!飛び回るでない!!おとなしくしておらぬか!!)

バサバサバサッ
一瞬私の頭が涼しく感じられたかとおもうと、、、、
私が座ってる席の窓のカーテンに止ってる(というか、張付いてる)!!
お願いだから、お願いだから、そこでおとなしくしておいで!なんか、モーレツに恥ずかしいから!!

しかし、これ。もし、運転席に行って、びっくりした運転手さんが運転を誤ったら・・・!?((((゜д゜;))))

私の心配をよそに、どんどん前へ飛び進むこすずめ。
あ~~~、運転手さんよ、すずめがいるけどビックリしないでね!!


程なくして、終点のバスセンターへ到着。
他の乗客が降りるのを待って、一番最後に降りた私。
降りる順番を待ちながら運転席に目をやる。こすずめは、、、、

いませんでしたε-(´∀`*)ホッ
その代わり、運転席の窓が少しばかり開いていました。
あ~~、運転手さん、気を利かせて逃がしてくれたんだぁ!!よかったーー!!

もう、野生動物にはちょっかいを出しません(´Д⊂ゴメンナサイ
は~、小倉からやってきたすずめは今ごろ天神でどうしているのか、、、
道ですずめの鳴き声を聞くたびに、ドキッとする今日この頃でした・・・。
[PR]
by pinoccory | 2008-05-11 01:12 | 動物